読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベントライターJOURNAL ‐また『面白いイベント』に行ってみた。

‘面白いイベント'情報サイト「Evenear(イベニア)」を運営する、イベントライター・篠崎夏美のブログ。年間120個以上の‘面白いイベント’を取材。日々‘面白い'イベントを探しています。

【記事書きました】自分史上、最高難易度の『エクストリーム出社』をキメてきた。

私 「あのー、火曜日の取材、さがみ湖で絶叫マシーンに乗ってから

  出社しようと思うんですけど・・・」

 

上司 『ふーん、いいんじゃない (適当)』

 

私の人生で一番激しい朝は、こうして始まったのだった。

 

 エクストリーム出社大会 in さがみ湖リゾート

09.02[火]~09.04[木] / 神奈川県 / さがみ湖リゾート

レポートはこちら ⇒http://evenear.com/article/detail/194/

f:id:event-writer-journal:20140916212138p:plain

絶叫マシン・温泉・バーベキューというレジャーを3日間楽しみつくして

出社するというすごいイベント。‘3日間連続’開催は日本エクストリーム

協会でも初めての試みだとか。

 

さすがに3日間はムリなので、一番インパクトがあるこちらを取材。

第1難関:「この恐怖を乗り越えろ」

爽快スリルアトラクション「大空天国」に乗ってからエクストリーム出社

 

敢えて一番厳しそうな‘絶叫マシーン’を選ぶところが、

我ながら素晴らしいと思う。

 

AM02:50

割とすっきり起床。頭の芯はまだぼんやりしているが、しっかり

朝(?)ごはんは食べる。この朝ごはんが絶叫マシーンでサヨナラ

しないことを祈る。

 

今回のエクストリーム出社には、3つの関門がある。

1:タクシー拾えるか?そして始発に間に合うか?

2:八王子での乗り換え3分しかないけど大丈夫か?

3:朝から絶叫マシーンに乗って大丈夫か?

4:ちゃんと出社して仕事できるか?

 

・・・あ、4つだった。

 

中央通りはガラガラで、道路の広さを実感した。タクシー(始発がないので

途中駅までタクシー)もスイスイ進んで気持ちがいい。ふと「朝を共有する」

というフレーズが頭に浮かぶ。エクストリーム出社とは朝を共有するイベント

なのかもしれない。朝はアイディアも冴えるなぁ!

f:id:event-writer-journal:20140916211508j:plain
始発まち。平日だし、誰もいません。

 

電車の中で寝ればいいや、と初めて乗り過ごし防止のアラームを

使ってはみたものの、電車の中ではほとんど眠れず。

 f:id:event-writer-journal:20140916211522j:plain
AM06:10 相模湖駅に到着。まだこんな時間・・・。

 

バスで「さがみ湖リゾート」へ移動し、開会のあいさつ、自己紹介

などをしたら、さっそく絶叫マシーンへ。今回乗るのはこれ。

 

『大空天国』 

f:id:event-writer-journal:20140916212446j:plain

これ、写真は晴れてるときのだけど当日は霧がかかってて、

周りがあまり見えない状態。結構不気味ミステリアス。

試運転が始まった時、私は思った。

 

あ、これアカンやつや・・・。

 

 しかし、もう遅い。ここまで来たら乗るしかない。絶叫は割と

得意なほうだと思ってたけど、これはかなり怖かった・・・。

 

2回目は隣が富士急の担当さんだったのだが、彼曰くこれまで、

早朝にFUJIYAMAとか、色んな絶叫マシーンに乗せられたらしい。

「それに比べれば、これくらい・・・フフッ」とのこと。

 

・・・富士急の社員さん、パネェ。

 

2回乗ったけど、どうしても落ちてる時は目をつぶってしまう。

ただ、めちゃくちゃ目は覚めた。身体が震えるくらい目は覚めた。

 

AM07:42

通勤快速で東京方面に戻る。まだ8時前だなんて・・・。

 

AM09:30

オフィス到着。本日二回目の朝ごはん。

 

 

今回のエクストリーム出社は「なんでもやればできる」という

非常にシンプルだけど大切なことを教えてくれた。