読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベントライターJOURNAL ‐また『面白いイベント』に行ってみた。

‘面白いイベント'情報サイト「Evenear(イベニア)」を運営する、イベントライター・篠崎夏美のブログ。年間120個以上の‘面白いイベント’を取材。日々‘面白い'イベントを探しています。

張り切って、オリジナルTシャツを作った結果①

今週末に、ある‘運動会'の取材を控えた私は思った。

 

「そうだ、オリジナルTシャツを作ろう」

 

確固たる意志を持って思った。面白いイベントに実際に来る人は、

面白いイベント情報=わがサイトに興味を持ってくれるんじゃない

だろうか?

 

WEB全盛のこの時代に、敢えてTシャツでアッピールするというのも

なかなかいいアイディアなんではなかろうか?アナログな方法は逆に

新鮮なんではなかろうか?ディジタルコンテンツよりも、直接視覚と

いう感性に訴えかけるヴィヴィッドなものをだね・・・云々。

 

我ながら、ものすごく素晴らしいアイディアだ。早速行動に移す。

 

1.手作りか?外注か?

ドがつく不器用なので、真っ先に注文を考えたがなかなか一枚から

作ってくれるところがない。そう、今回のイベントは単身参加。よって

おそろいのTシャツを作っても着てくれる人は誰もいない。

 

ユニクロ UNIQLO CUSTOMIZE|トップ -ユニクロカスタマイズ[customize.uniqlo.com]

なら1枚から作れるようなので、数時間かけてデザインする。折角

なのでポロシャツにしたり、背面にもデザインを入れていたら4000円

くらいになってしまった。仕方ない。広告費と考えれば安いもんよ!

 

f:id:event-writer-journal:20140612184009p:plain    f:id:event-writer-journal:20140612184030p:plain

なかなかいい感じじゃないの。

 

ようやく発注までこぎつける。ここで衝撃の事実が発覚した。

発送日はなんと7月2日。だめじゃん。イベント終わってるじゃん・・・。

自分で作るしかない・・・!!

 

 

2.またデザイン作成

ユニクロTの時に考えたデザインを元に、再度デザインを考える。

ここでまた数時間消費する羽目になった。何やってるんだ、私。

でも、負けない。見える、オリジナルTシャツを着て輝く自分が!

そしてTシャツ効果でサイトへの流入数がぐんぐん上がる・・・。

うふふ・・・あはは・・・。

 

3.材料集め

自作に切り替え、アイロン転写できるシートを買いに走る。ついでに

無地のTシャツも探すが、これが意外に売ってない。白が欲しいのに

なかなかない。運動会とか球技大会シーズンだから?

 

激安の服屋を数軒回って、結局自宅から一番近いギャル服の店で

一枚500円のTシャツを発見。念のため素材違いで2枚購入。

 

 

まさかの次回に続く。次はいよいよ制作。